エディー・フィッシャー、死去

新聞には、あまり出ていなかったが、歌手のエディー・フィッシャーが先週亡くなった、82歳。
『シンディー』や『オー・マイ・パパ』等のヒット曲で有名だが、なんと言ってもエリザベス・テーラーと結婚、離婚したことが一番の履歴だろう。
女優のキャリー・フィッシャーは、彼とデビイ・レイノルズとの間の娘である。

1988年の11月、トロントのホテルで、彼のディナー・ショーを見たことがある。
なぜトロントに行ったかと言うと、パシフィコ横浜での「サミット開催」の調査だった。
当時、「パシフィコ横浜でサミットをやりたい」と言うのが、高秀市長の方針で、その調査に、当時パシフィコ横浜の若竹馨部長、長田徹也常務と一緒に行ったのである。
若竹さんは横浜市役所では、知らぬ者のない大技術屋であり、長田さんは、日本開発銀行で役員を務められ退職後、パシフィコの常務になられた方と、二人ともとても偉い方なので、私は添乗員だった。
トロントで、国際会議場等のヒアリングを終わった夜、若竹さんとホテルのディナー・ショーを見た。

客は中年以上のカップルなので、さすがにエディーは有名で、歌の他、トークも上手くて、とても受けていた。
トロントは、言うまでもなくカナダで、当時州法で飲食店に女性が侍るのが禁止されていて、「ここはいいところだが、健全すぎて夜がつまらなくて困る」と現地のJNTOの駐在員が言っていた。
だから、トロントに駐在している日本人は、数ヶ月に1回は、ニューヨークやシカゴに遊びに行くのだそうだ。
夜が健全というのも誠に困ったものである。
トロントには、CNタワーというテレビ塔があり、当時世界一の高さで、日本の今話題の東京スカイ・ツリーは、これにとてもよく似ている。
まあ、高層建築物を経済的、合理的に設計するとみな同じような形になるらしいが。

その後、シカゴ、さらにテキサスのサン・アントニオのコンベンション施設を視察して戻った。
調査結果は、「勿論サミットは十分に出来る」で高秀市長に報告したと思う。
あまり記憶にはないが。
こうした長い積み重ねの上に、来月の横浜でのAPEC開催もあるのですよ、今の担当の方々へ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする