『明治一代女』

1955年、新東宝で作られた伊藤大輔監督作品、主演は木暮実千代、田崎潤、北上弥太郎、杉村春子らの文芸映画。
花井お梅と箱屋の巳の吉との色恋沙汰の末、巳の吉をお梅は殺してしまう。
柳橋の芸者お梅は、新進役者の北上と恋仲だったが、大名跡の襲名に、師匠の市川小太夫から、北上の出世のためと、費用が多額のことから身を引いてくれと言い渡される。
その裏には、朋輩芸者の杉村春子が、自分の娘の藤の木の実を北上と一緒にさせたい思惑があった。

金策の中で、前からお梅に恋焦がれていた巳の吉は、故郷の土地を売って金を作りお梅に貢ぐ。
だが、巳の吉の誤解から、お梅を巳の吉は疑い、浜町河岸でお梅を待ち伏せて襲う。
だが、争いの中でお梅は、巳の吉を殺害してしまう。
お梅は、警察に追われる身となるが、市村座での北上弥太郎の襲名の『自雷也』が、見事に演じられたのを見届けて、大人しく縛につく。
お梅の犯行は、過失致死であり、事実お梅は、出獄後結構長く生きたようだ。
半ば毒婦であることを売り物にしながら。

伊藤大輔得意の明治情緒てんめんたる映画であり、木暮、北上、田崎、さらに市川小太夫らの演技が良い。
サイレント時代の活劇は別にして、戦後の伊藤大輔は、この作品や『王将』などの市井の庶民を題材としたものが良いと思う。
中村錦之助主演の『反逆児』、さらに晩年の『幕末』のような「偉い人の映画」は良くないと私は思うのだが。
音楽が伊福部明で、これも実に重厚である。
衛星劇場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする