「 映画 」一覧

NO IMAGE

『地上』

大正時代の大ベストセラー島田清次郎の小説の映画化、とは言っても原作はかなり支離滅裂なもので、新藤兼人がほとんど創作したようだ。 島田は、『地...

NO IMAGE

『婚期』が最高だった

三百人劇場の吉村公三郎監督の『婚期』が最高だった。 ホテル(春山荘とあったが、椿山荘のことだろう)の社長の船越英二とその妻京マチ子、家の独身...

NO IMAGE

『風林火山』

ラピュタで井上梅次の『夜霧の決闘』を見ようと思っていたが、時間が間に合いそうもないので、フィルム・センターの『風林火山』にした。 原作井上靖...

NO IMAGE

『その夜は忘れない』

『貴族の階段』を見た続きで、『その夜は忘れない』も見た。 監督は吉村公三郎、構成水木洋子、脚本白井更正・若尾徳平。主演田宮二郎、若尾文子、川...

NO IMAGE

『ニワトリはハダシだ』

森崎東監督作品を見た。脚本は、近藤昭二と共同。東中野ポレポレ。 森崎は、私には苦手な監督で、その主人公がひどく一生懸命に生きているのが、見て...

NO IMAGE

『ジェームス山の李蘭』

先日の『新・雪国』に続き、また不入り映画を見る。なんともだるい映画。 原作・樋口修吉、脚本・野沢尚、監督・猪崎なんとかというテレビ出身の人だ...

NO IMAGE

野村芳太郎が死んだ。

野村芳太郎で興味深いのは、松本清張との関係である。 彼は清張の『張り込み』を作り、さらに城戸四郎が製作に反対していたという『砂の器』も成功さ...

NO IMAGE

『アビエイター』

意外にも面白かった。もともと、素材がアメリカで航空会社と映画会社をやったヒューズの話なのだ。面白くないはずはない。20世紀最大の発明は、映画...