NO IMAGE

『唐獅子株式会社』

前から見たいと思っていたが、なかなか見られらなかったが、近所のビデオ屋で安売りしていたので買い、見たが大愚作だった。 脚本が、桂千穂と内藤誠...

NO IMAGE

『荷車の歌』

大傑作だった。望月優子主演で、明治末から戦後に至る女性の年代記もの。脚本依田義賢、監督山本薩夫。望月の夫は三国連太郎。夫婦の長女が左幸子。 ...

NO IMAGE

『芥川比呂志写真集』

兄弟で一番新劇好きだった姉が『芥川比呂志写真集』を送ってきた。没後7年目に出たもので、出版社は牧羊社。ここは、詩集や高級文学作品を出していた...

NO IMAGE

『沖縄決戦』

新東宝の『戦艦大和』がビデオ屋にないので、以前買った東宝8・15シリーズの『沖縄決戦』を見る。 監督岡本喜八、脚本新藤兼人。主演は小林圭樹、...

NO IMAGE

『男たちの大和』

監督が佐藤純弥なので、期待せずに行ったが、出来は60点か。 佐藤の常で、きわめて荒っぽく情緒的で客観性の低い作品である。 ひとことで言えば、...

NO IMAGE

『天国と地獄』

ネットで注文しておいた中古ビデオが年末に来たので、1月1日に見る。昭和38年黒澤プロ・東宝制作、黒澤明作品では、最後の傑作。この後、異常な『...

NO IMAGE

『里の秋』

『あの日』では、12月24日の川田正子の『里の秋』が出色だった。 「静かな、静かな里の秋  」という曲は、本来は戦時中に書かれた『星月夜』と...

NO IMAGE

笛木優子について

3月に『新・雪国』(監督後藤幸一、原作・脚本笹倉明)について書いたが、あの世にも恐ろしい映画(共演の奥田英二のマネージャーの言葉)に主演した...