NO IMAGE

『緋牡丹博徒』

言わずと知れた藤純子の『緋牡丹博徒』シリーズ1作目。脚本鈴木側文、監督山下耕作。音楽渡辺岳夫。 『緋牡丹』と言えば加藤泰の『お竜参上』があま...

NO IMAGE

北条喜久子が出ていた。

かつて霊感女優として騒がれた北条喜久子は、松竹京都の女優だったが、北条喜久と言っていた彼女が、『女の坂』で画家佐田啓二のモデルになる芸妓とし...

NO IMAGE

『夜の河』と田中澄江

『女の坂』につづき名作『夜の河』を見る。 『女の坂』は、京都の老舗菓子店を継いだ娘岡田まり子の話で、女性を主人公にした商売ものの作品であり、...

NO IMAGE

蜷川幸雄の役者時代

蜷川幸雄が役者だったのは有名で、彼自身は駄目な役者だったとよく書いているが、映画ではかなり活躍している。 篠田正浩の『暗殺』では、清河八郎の...

NO IMAGE

『ナンバーズ』

ベニサン・ピットで『ナンバーズ』を見た。 ひどい芝居だと思っていたが、やはりひどかった。約50分の劇だが、20分は寝てしまった。 クローンで...

NO IMAGE

いい加減な上映について

久しぶりのピンボケ上映に遭遇したので、昔の日本の映画館のいい加減な上映について思い出した。 フィルムセンターがピンボケ上映だったと書いたが、...

NO IMAGE

『地上』

大正時代の大ベストセラー島田清次郎の小説の映画化、とは言っても原作はかなり支離滅裂なもので、新藤兼人がほとんど創作したようだ。 島田は、『地...

NO IMAGE

『婚期』が最高だった

三百人劇場の吉村公三郎監督の『婚期』が最高だった。 ホテル(春山荘とあったが、椿山荘のことだろう)の社長の船越英二とその妻京マチ子、家の独身...