NO IMAGE

『昭和20年 あの日』

BS2で朝6時50分から放送している『昭和20年 あの日』が面白い。様々な人が昭和20年のことを語る。先日、戸川昌子が東京銀行頭取の家にいて...

NO IMAGE

日本映画とクールビズ

クールビズが話題だが、日本映画の中でいつ頃からサラリーマンは夏でもネクタイ姿になったのでしょうか。 1963年の黒沢明の『天国と地獄』の仲代...

NO IMAGE

『死の棘』映画版

『死の棘』の映画版を見たのは、ものぐさ太郎さんのすすめによるもので、期待せずに見たが、意外に良かった。確かに、先日の鐘下演出、高橋恵子主演の...

NO IMAGE

阪神首位

セ・リーグ前半戦は阪神の首位で終了した。これで、阪神優勝の確率はきわめて高くなった。 なぜなら、ゲーム差を取り戻すには、ゲーム差の10倍の試...

NO IMAGE

松本俊夫について

昨年、秋吉久美子の初主演作『16歳の戦争』のときにも書いたが、映画監督松本俊夫ほど、評価の低い、不遇な監督も珍しいと思う。 川崎市民ミュージ...

NO IMAGE

『重役の椅子』

川崎市民ミュージアムでは、このたび毎土・日・祝は必ず映画を上映することになり、今週から9月上旬まで「東宝のサラリーマン映画」として約30本が...

NO IMAGE

山本富士子について

山本富士子はかなり上手い女優だと思う。市川昆監督の『私は二歳』などを見れば極めて自然な演技もできる役者であることが分かる。『憂愁平野』でも森...

NO IMAGE

『憂愁平野』

フィルム・センターは満員になったが、映画はとてもつまらないものだった。豊田四郎の作品のなかでも、最もくだらないものに属するだろう。ただし、こ...