龍口教授の愛人

本当かどうかは知らないが、龍口教授は「俺には愛人がいて、今は石原慎太郎と争っているところだ」と、授業中に公言していたと一学年上の女性から聞いたことがある。

相手は、劇団四季にいたNというかなり有名な女優で、石原慎太郎の愛人と芸能週刊誌に出たことがある。そして、彼女は交通事故に会い、それが原因で引退し、その後死んでしまった。
龍口教授が、どの程度Nと付き合っていたかは知らない。
ただ、彼は翻訳の他、受験参考書も数多く書いていたので、金があったのは事実だろう。
それで、彼女を慎太郎と張り合うまでだったのか、真実は慎太郎以外、今や誰もいないので、確かめようはない。

ただ当時は、その程度には大学教授も社会的地位が高かったのだとは言えるだろう。
現在は、大学の数、学部数、学生数も以前より遥かに増大しているので、昔とは比較にならないはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする