園井啓介について

園井啓介は、劇団青俳からテレビの『事件記者』で人気になり、映画界に入った。
彼は、今見てもなかなか上手い二枚目だが、1973年突然引退した。
理由は、株売買で2億円以上の利益を上げていたのに無申告で、脱税で所得税1億2千万円を徴収され、執行猶予付きの懲役刑を受けたからだ。

現在では、脱税はともかく株で利益をあげることは、むしろ賞賛されるだろうが、当時は役者が株で儲けるなどけしからん、という世論だったのだ。
確かに、悲劇の主人公が実は大金持ちというのは見ていてシラケルだろうが。

1932年生まれ、菅原文太、宍戸錠らとは同世代なので、引退しなければまだまだ活躍できただろう。
ただ、1970年代後半以降、日本映画界では二枚目は生き難い状況になったので、どう活躍できたかは、疑問だが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. EIKO より:

    園井さん、お元気でしょうか
    大ファンでした。出演DVDを集めていますが、数が少なくて残念です。
    ご健在なのかどうか、知りたいのですが、探す術がありません。引退されて間もない頃に、伊豆の方でペンションを始められたとは耳にしたことがあるのですが。

  2. さすらい日乗 より:

    裕福な生活をしているのでは
    その後は、まったく出てこないので分かりませんが、裕福な生活をしているのでは。

    今では、株で儲ければ、カリスマ俳優になるでしょうが。

    確か、私の姉たちもファンでしたが、なにかインタビュー番組に出て、「下品に笑っていて、がっかりした」と言ってましたから、当時はイメージが重大だったのです。
    今じゃ、誰も気にしませんが。

  3. EIKO より:

    お返事ありがとうございます2
    先ほど、「お返事ありがとうございます」と、当時の思い出を綴ったのですが、4桁の数字の入力にミスしたらしく、消えました。残念。