『煉瓦女工』

黒澤作品に大きく貢献した撮影監督中井朝一の戦前の作品。脚本劇作家八田尚之、監督は千葉泰樹。

東宝系の南旺映画制作なので東宝配給だと思い込んでいたら、タイトルは松竹。
この映画は、左翼的ということで戦前は公開禁止になり、戦後昭和21年に公開されたため。
終戦直後は、映画ブームだったが、制作能力がなく、配給本数が不足していたため、自社の戦前の作品を多数再上映した。
中には他社の公開禁止作も配給した稀有な例。

話は、鶴見川河口に住む貧しい人々。
主人公は、後に黒澤明と結婚する矢口陽子。
三島雅夫、宇野重吉、松本克平、信欽三、赤木蘭子など新劇人が多数主演。
鶴見川を渡る鶴見線の映像があり、実際に鶴見川河口付近でロケされた。
川向こうには朝鮮人の集落があり、滝沢修と原泉らがいて、彼らとも交流する。
内容はゴーリキーの『どん底』であり、山本嘉次郎監督の『綴方教室』と同様である。
矢口陽子は、高峰秀子に似たルックスであり、『生きる』の小田切みきと言い、黒澤はこうしたタイプの女性が好きなのだろうか。

音楽が良いなと思って調べると、深井史郎だった、さすが。
フィルム・センター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする