ラクウエル・ウエルチだ!

ドナルド・トランプもやっといなくなったが、トランプを見ていると、アメリカ人ってこんなに下品、無教養で、傲慢だったのかと思う。
映画、演劇、音楽も、アメリカのものは大好きだが、トランプのおかげで嫌いになりそうだ。
そして、ドナルド以上に不快なのが、メラニアのひきっつた顔つきで、どこかで見たことがあるなと思ってきた。
誰か、分かった!

         
ラクウエル・ウエルチである。SFや怪獣もので、いつも不思議な服装で出てきた女優である。
怪獣ものは、日本でも、子供にせがまれて見に来た親父のために、水着美女が出てきたものだが、ラクウエル・ウエルチもそれに近い女優だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 弓子 より:

    ラクウェル・ウェルチ。言われてみるとほんとに似てますね。

    大分むかしに、カーク・ダグラスが、
    アカデミー賞のレセプションに、この女優をエスコートし
    入場した途端に胸あきドレスで曲線ギリギリのあでやかさに
    一瞬シーンとなったら、カークダグラスが
      みなさん、そんなに僕を見つめないで

    と言って笑いをとっていて
    やはり、ジョークが洗練されていると印象に残っています。

    私は、メラニア夫人は、米国だか、英国だかのTV番組の
    「サンダーバード」のペネロープにソックリに思いました。
    人形劇で黒柳徹子が吹き替えしていました。

    ライス女史の現役どきの足くみも ビックしましたが
    メラニア夫人の(皇室での)足くみも、もっとビックリしました。