「 映画 」一覧

『今日は踊って』

『今日は踊って』

戦後の東宝ストライキの結果、新東宝ができ、その1作目の劇映画であり、スト反対派の中心の青柳信雄の製作、監督渡辺邦男、主演長谷川一夫で...

二つのタブー

二つのタブー

かつて日本映画界には、二つのタブーがあると言われた。 一つは、「回想場面」であり、もう一つは「オムニバス・ドラマ」だった。 ...

『凍河』

『凍河』

1976年の斎藤耕一監督作品で、石原裕次郎の最後の出演映画になった。 もともと、斎藤は東映をへて日活のスチールマンで、石原裕次...

『爆薬に火をつけろ』

『爆薬に火をつけろ』

用があって関西に来たので、大阪九条のシネ・ヌーヴォで行われている「蔵原惟繕特集」に行く。 阪神九条駅から行くつもりで、梅田から...

『沖縄の民』

『沖縄の民』

朝、横浜市長選挙の投票に行った後、阿佐ヶ谷に行く。なぜか満員で、なんと54番目。 あまり上映されない作品だからだろうか、補助椅...

松竹映画の演技術

松竹映画の演技術

先週末に横浜で行われた「横浜みなと映画祭」の『乾いた花』の後のトークイベントで監督の篠田正浩は、この撮影はほとんど一発撮り、つまり本...

『山椒大夫』

『山椒大夫』

横浜シネマリンでは、「溝口健二&増村保造映画祭」をやっていて、今日は溝口健二の『山椒大夫』が上映されるので見に行く。 『山椒大...

『アリバイ』

『アリバイ』

映画界には、監督としてよりも脚本家としての方がよいと思われる人に新藤兼人がいるが、熊井啓もその一人のように私には思える。 彼は...