やはり、セットだった

一昨日ラピュタで見た『嵐を突っ切るジェット機』の葉山良二がやっている飛行機会社のビルは、映画用に作ったものではないかと書いた。
美術の木村威夫さんの本『映画美術』を調べると、やはり東雲飛行場に建てたと書いてあった。
さらに、前からもしかしたら、と思っていたのだが、鈴木清順の映画『けんかえれじい』の高橋英樹が入学して、軍事教連などをさせられるコンクリート造りの古い校舎は、やはり都立小山台だった。
1966年当時、すでに結構古い建物になっていたようだ。
小山台は、たしか関東大震災以降に建てた校舎で鉄筋コンクリート造りだったが、なにしろ大変なバンカラ高校で、上履きがなかった。
全員が土足でそのまま校舎に入るので、非常に汚い高校だった。
私の知り合いの女子高生など、来てあまりの汚さに気持ちが悪くなっったくらいだった。
今は、もう少しきれいになっているのだと思うが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする