日夏たよりについて

昨日、見た日夏たよりについて書く。
彼女は、日活ロマンポルノ中期で多くの秀作に出た女優である。

好色美容師 肉体の報酬1979年にっかつ
もっとしなやかにもっとしたたかに1979年にっかつ
高校エロトピア 赤い制服1979年にっかつ
もう頬づえはつかない1979年ATG
人妻集団暴行致死事件1978年にっかつ
帰らざる日々1978年にっかつ
おんな刑務所1978年にっかつ
団鬼六 縄化粧1978年にっかつ
実録不良少女 姦1977年日活
新宿乱れ街 いくまで待って1977年
肉体の悪魔1977年日活

藤田敏八監督の『帰らざる日々』では、主人公永島敏行の友人の江藤潤の恋人を演じ、事故で彼が亡くなった時の病室での演技には、鬼気迫るものがあった。
私の友人の下川博は、「日本映画史に残る演技だった」と言ってたほどだ。

さて、いつの間にか、日夏たよりの姿を見なくなったので、ある方に聞くと、
「彼女は、ある人とできてしまい女優を辞めた・・・」とのことで、その人をバカ野郎と思ったものだ。 

それは本当で、愛人になった後、彼女は脚本家加藤伸代となり、公私共にその方の作品を支えたのだそうだ。
そして、加藤伸代は、2016年4月にガンで亡くなったとのこと。『シナリオ』詩に当事者が書かれていたとのこと。
日本映画史に残るような秀でた才能というわけではないが、優れた作品を残した女性の冥福を祈りたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする