『必勝歌』

昭和20年2月の松竹京都作品。
戦意高揚映画だが、複数の監督による役者が多数出てくるオムニバス映画。
林伊佐緒の「今日からは、しこのみたてといで立つ我は・・・」の情報局が募集し選定した、勇壮な愛国歌『必勝歌』の映画化である。
監督は、田坂具隆、溝口健二、マキノ雅弘、清水宏、大曽根辰雄、高木孝一、市川哲夫など。
昭和20年2月とは、レイテ戦などフィリピンの攻防は終わり、硫黄島やグアム島の戦いに移行する時期だった。今考えると、必勝どころではなく、敗北に向かう時である。一体どの程度の人が見たのだろうかと思うが、映画館のみではなく、工場、学校、さらに戦地等でも映画が上映されたらしいので、意味はあったのか。

この頃の作品には、ろくなのがないが、連日の空襲で映画どころではなかったのだろう。
実際、松竹大船撮影所なども、ほとんど劇映画は作らず、理研映画社が使用し、軍からの委託事業、航空撮影等をやっていたと、カメラマンの岡崎宏三さんの本にある。

南方の陣地で佐野周二が率いる小隊は、塹壕に潜んでいる。
総攻撃を前に、各自が改めて故郷を思うという設定で、国内の必勝に励む人々を描く。
高齢にも関わらず雪下ろしの動員に出かける農民大矢市次郎を初め、模型飛行機好きで少年飛行兵に志願した沢村アキオ(長門裕之)、空襲で防空壕に乳飲み子を背負って逃げ込んだ田中絹代。
見合い相手が急遽応召したため、結婚話を断って来たのに対し、「それでも結婚します」と言う高峰三枝子のけなげさ、軍人姿の上原謙や高田浩吉の美しさなど。
豪華な配役だが、オムニバスなので劇的盛り上がりはない。
もう映画作りどころではなかったのだ。

傑作だったのは、隣組長の口うるさい小杉勇で、家の前の防火用水に氷が張ってあるのをいちいち指摘し、自ら氷を割って廻る。
道端の防空壕を見て、「ご苦労さん!」と声を掛けるが、やはり気になりその上に乗り込むと、ずぼっとそのまま抜け落ちてしまう。
これを見た人は、笑えたのだろうか。凍りついたのではないか。
また、いきなり『お山の杉の子』を歌う女性ダンサー(OSKだろう)のシーンもある。
『必勝歌』のだが、1960年代に民青の連中が歌っていた「沖縄を返せ!」の『沖縄を返せ』のメロディーによく似ているが、関係があるのだろうか。

最後は、歌に乗せ、国内外で戦い、働く様々な日本人の映像。戦争のプロモーション映像であるが、そのひたむきさには驚く。
やらせの映像もあるが、多くの日本人がひたすら挙国一致して励んでいたことは間違いない。今のすべてが勝手で、バラバラの日本とは大きな違いであるが、その方が正しいのだ。これで良いのだ。
挙国一致など本来大嘘なのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする