『風前の灯』

1957年の松竹大船作品、脚本・監督は木下恵介、主演は高峰秀子と佐田啓二だが、夫婦の母親として田村秋子が出ているのが珍しい。
田村秋子は、夫友田恭介と共に文学座を創立した名女優だが、友田が中国で戦死した後は、一応舞台は引退し、たまに映画やラジオに出ていた。市川崑監督の映画『心』と同様に、彼女の映画出演作としては、最後の方だろう。

話は、東京に出てきた少年田中晋二が、不良の小瀬朗らに脅されて、ある家に強盗しようとする。
だが、その家の中は、因業なばあさんの田村秋子以下、ケチで自分勝手で小心な人間たちが争っていて、内部の方が「風前の灯」というもの。
ほとんど笑えない喜劇である。

だが、よく見ると、木下恵介は、映画『日本の悲劇』のように、戦後の日本社会の家族の崩壊を喜劇として描いていることが分かる。
また、田村秋子は、義理の息子佐田啓二を大学にまで上げたが、彼は下駄屋の店番にしかなれなかった。
この子供の、親の期待を裏切っての不甲斐なさは、小津安二郎の名作『一人息子』の、飯田蝶子と日守新一でもある。
その意味で、木下恵介は、やはり小津安二郎の後継者なのだ。
衛星劇場 高峰秀子特集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする