オールナイトフジから30年

阪神が、横浜に負けた試合が終わり、チャンネルを操作していると、今井朋彦と高橋英樹がまじめに対話している場面だったので、見ることにする。
麻生祐未主演の『おばさん検事シリーズ』3回目だった。
筋は単純で、すぐに原田大二郎が悪人で、彼の収賄を隠ぺいする工作の中での交通事故と分かり、謎解きも劇画的だが、最後まで見た。
意外にも今井朋彦に見られるようにキャスティングが良いからである。
今井は、文学座でも相当に上の役者で、ここでは特捜部の検事で、麻生らとは対立する立場のようだ。
麻生祐未は、フジテレビの「オールナイトフジ」の司会者で名を挙げたが、もう30年もたっているのだ。
昭和史で言えば、昭和天皇が即位してから、戦争が始まり、敗北したのち、一応復興がなり始めた1950年に至っている時間の経過なのだ。
さすがに、目じりに小じわが目立つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする