『若い恋人たち』

1959年の東宝の娯楽映画、脚本は笠原良三、監督は千葉泰樹で、非常に上手くできている。
主演は、カメラ会社・ミノルタの社員の宝田明で、父親は社長の有島一郎、母親は沢村貞子。
宝田は、銀座のバー・イスポアール(有名なエスポアールのことだろう)女性の司葉子を好きになってしまう。
だが、有島は、沢村の兄で関西系の大企業社長加東大介の娘の北あけみと一緒にさせたがっているが、この加東・北の家が凄くて、邸内にテニスコートがある。
石原裕次郎の日活映画『乳母車』のプールがある大邸宅は、ブリジストンの石橋家だったそうだが、この邸宅はどこだったのだろうか。
司葉子は、下町に母親の滝花久子、弟の久保賢と住んでいて、父親はいなくて(多分戦死だろう)、司の銀座での働きが一家を支えている。
彼女との婚約を宝田が、両親の有島と沢村に言うと、二人とも「女給との結婚など認めない」と叫ぶ。
家を出た宝田と司は、その夜ホテルで結ばれる。今はない赤坂プリンス・ホテルである。
だが、二人がホテルの部屋に入り、カットが変わると翌朝で、シミーズ姿の司とベッドで寝ている宝田という描写。
1950年代の東宝映画のセックス・シーンはこの程度だったのである。
二人は、宝田の同僚の堺左千夫の家の近くのアパートに同棲するが、ここは下高井戸であるようだ。

加東は、イスポアールで遊んでいる独身の重役上原謙に、司を誘惑させ、二人は会員制クラブに行く。
心配した宝田も付いて行き、会員制なので入れないが、運よくそこに北あけみが来て、二人は店内に入り、上原が司が強引に連れ出そうとしたことから、店内は大格闘シーンになる。
北は、二人の男を連れていて、ボクサーと紹介していたが、アクションを見ると本当にボクサーのようだ。
有島、沢村、加東らも、司がまじめで良い女性であることが分かり、二人を認めることになる。
宝田の妹が団玲子で、なんと加東の会社の秘書であるが、貧乏画家の夏木陽介と一緒になることを示唆してエンドマーク。

沢村がしきりに「女給が、女給が」と言うが、この映画は明らかに「職業に貴賤はない」と言っている。
日本テレビが、アナウンサー採用で、「銀座での女給経験」を問題にしたが、40年遅れていると言うべきだろう。
1959年は、言うまでもなく、現在の天皇陛下が正田美智子さんと結婚された年であり、日本で最も平等意識が高かった時代である。
フィルムセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴくちゃあ より:

    Unknown
    私も見ました。
    なかなかおもしろかったですね。
    宝田明と司葉子のキスシーンは、何度もくちづけし合い、ふたりのシーンとしては濃厚でした。
    なお、北あけみは加東大介の娘ではなく、加東の知り合いの社長令嬢ですね。

  2. ありがとうございます
    そうでしたかね、よくわからず適当に書いてしまいましたが、北あけみの父親って出てきました?
    加東がすごい邸宅に住んでいる割には、沢村・有島の家が大したことないのは変だと思っていましたが。