野村ID野球はもう終わりだろう

本当なら、今日あたりも日本シリーズなのだが、あっさりと5戦で決まってしまって少々面白くない。

やはり日本シリーズは、7戦までやって4勝3敗にならないとつまらない。

ソフトバンクの圧倒的な強さが証明されて一番ほっとしているのは、去年同様に負けた阪神の選手だろう。

今年も、武田翔太にヤクルトは完全に調子を狂わされた。

大きな縦に落ちるカーブの投手は、セ・リーグにもいて阪神のメッセンジャーだが、武田は彼よりもはるかにコントロールが良いので、歯が立たなかったのだろう。

川口和久が、交流戦が終わったときにテレビで言っていたが、やはり指名代打制が、パ・リーグ全体を強くしているのだろうと思う。

確かに、両リーグとも打者は9人だが、セ・リーグの8番、9番はほとんど打てない。規定打席に達した捕手は、ヤクルトの中村のみで、この下位の2人は「安全パイ」で、投手は気を抜くことができる。

だが、指名代打制のパ・リーグは、手が抜けるのは9番の捕手だけで、この2人の差は投手にとって非常に大きいと思う。

見ていて、パ・リーグの打者はいつも全力でスイングしている。

セ・リーグは、基本的に細かい野球なので、当てに来る打者が多く、その差が大きな得点差になっていると思う。

今回の日本シリーズの結果は、野村克也の「ID野球」の敗北である。

頭を使う野球は、力が接近している時は有効だが、こうも実力が離れてはどうにもならない。

日本のプロ野球も、近年みな選手が大きくなり、体力も向上したのだから、野村型の「せこい野球」はやめるべき時が来たように私は思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする