杉内が素晴らしかったが

パ・リーグのクライマックス・シリーズ第一ステージ第二戦は、杉内と小林宏之の先発で始まったが、小林が打たれて予想通り、1勝1敗で今日の第三戦に持ち越された。
杉内が素晴らしく、変化球と速球の投げ方の違いが全く分からなかった。杉内の良いときは、いつもそうで、その際はまず打てないのだ。
今日は、ロッテは成瀬なので、多分打てずロッテの優勝になるだろう。
成瀬も、今年の春、テレビで一度見ただけだが、彼も投げ方が変化球と直球が区別できず、杉内のように打ちにくい投手である。
今シーズンは、防御率が1点代なのだから、すごい。
ロッテが2点取れば勝てることになるが、今日は果たしてどうだろうか。
こういうシリーズは、普段とは違うのでなかなか難しいのだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする