『ミリオン・ダラー・ベイビー』

先日、時間が余ったので、『ミリオン・ダラー・ベイビー』を見た。イーストウッドらしい作品である。ボクシング+尊厳死の映画だった。
さすがなのは、ボクシング・シーンのバックに一切音楽を入れていないことである。
本当に音楽とアクションを分かっている監督である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 音楽
    音楽の効果をわかっている監督さんの
    作品は素晴らしいです。

    テレビで深刻なニュースのバックにへんな音楽を入れている場合がありますが、神経を疑ってしまいます。