アジア的生産様式論では・・・王の責務は

経済学では、アジア的生産様式という時代区分がある。
西欧の古代時代の前に、アジア、アフリカ、インド等では、独自のアジア的生産様式の時代があったとするものだ。
ここでは、米など穀物の生産のために巨大な灌漑施設の建設が必要で、そのために巨大な権力を持つ帝王が生まれるというものだ。
つまり、施設整備のために強い権力を持つ王が生まれ、それに従う民は、総体的に「奴隷状態」になるとされる。
総体奴隷制と言われることもあるようだ。中国の秦の始皇帝が典型とのことだ。
日本の「天皇と臣民」という関係も、それに近いともいえるだろう。

日本でも、弥生時代に米が伝えられると、巨大権力の指揮の下で大きな灌漑施設が作られるようになる。
もともと、米の生産は、川の上流の谷戸地帯で行われていたのだが、それでは規模が大きくならずにいた。
そこで、次第に下流部の治水事業ができるようになり、広い沖積低地に田圃ができるようになる。
ここで、王権が成立するようになるのだそうだ。

そこで、重要なのは、古墳時代以来、権力者の第一の責務は、治水事業だったわけで、戦後でも建設省の最大の仕事は河川管理だった。
その後、高度成長時代になると、都市局が建設省の中心になってしまうのだが。
今回の台風19号の災害の大きさを見ると、やはり河川管理の重要性が分かる。

来週の10月22日には、新天皇即位を知らしめる行事が行われるというのは、少々皮肉な気がする。
なぜなら、古代の王制では、新しい王ができたとしても、その後にきちんとした収穫が生まれないときは、その王には王の資格がないとして、王位をはく奪されるということがあったことだ。
今年は、無事に米もできたとのことで、その心配はないわけだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする