クリスマスの夜

昔、たぶん1980年代までだろうが、クリスマスの夜は、東京等では繁華街は大騒ぎで、大変な人出だった。
三角帽子をかぶった叔父さんが、バーやクラブに行き、そこの女性と大騒ぎをした。
その夜は、特別に券が売られ、男女とも店で「無礼講」的に騒いだようだ。

私は、1回だけ行ったことがある。
おそらく、1980年頃だと思うが、小学校、中学でも同級で一番仲の良かった田辺史彦君に連れられて渋谷のあるクラブにクリスマスの12月24日のゆ夜に行ったのだ。
彼は、非常にかわいい男の子で、彼には5歳上くらいのお姉さんがいたが、非常にきれいで雑誌の表紙のモデルをやっていたので、彼がきれいな男の子だったことがわかるだろう。
彼の母親は、PTAの役員をするなど、非常に元気な女性で、また史彦君を溺愛していた。
彼は中学のときからテニスをやっていたが、都立高校に入っても勿論テニス部だったが、驚くのは彼が大森山王のテニスクラブに入ることを許したことだ。
高校生の分際で、山王のテニスクラブに入るなど、大金持ちでもないのに異常なことだったが、それほど彼のお母さんは史彦君を可愛がっていたのだ。もちろん、多額の費用は母親が出したはずだ。
そして、彼は現役で立教大学経済学部に入る。
そこでも、女性とはいろいろあったらしいが、省略する。

大学卒業後は、付き合いはなかったが、ある日、私が当時住んでいた北品川から国鉄品川駅で、2階に上り、根岸線の方に行くと、見覚えのある奴を見た。
向こうもすぐに分って、それが田辺だった。彼は、高輪の外資系の食品会社の営業をやっていたのだ。
すぐに会う日を決め、何度かあった後、「今、いい女をくどいているから、その店にクリスマスに行こう、券を買ってあるから」と言われた。

                

その夜、たぶん渋谷駅あたりで待ち合わせて店に行くと、驚いた。
そこには、その前に来たことのある店だったからだ。それは、大学の劇団の1年上の山本さんと同期のCという文学座にいた男の妻がやっていた店だったからだ。
行ってすぐにそのことを言うと、田辺は打ちひしがれた。彼女は独身と思い込んでいたからだ。
実は、その女性は、女優藤田みどりの姉で、かなりきれいな女性で、女優もやっていたことがあるとの話だった。
田辺は怒って店を後にし、二人で何軒か飲んで、池上線の家に戻った。
たぶん、御嶽山だったと思うが、彼が年上の女性と同棲しているアパートだった。

その後、田辺とはあまり付き合いがなかったが、彼は50代前半で病気で亡くなってしまった。
数年前に、彼が高校生のときに付き合っていた女性にきくと、
「早かったけど、好きなことをやったので、幸福だったんじゃないの」とのことだった。
女性は、ドライなものだと感心した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする