漣健次さんが亡くなられた。

先日、漣健次さんが亡くなられた。漣さんが新興楽譜出版の役員草野昌一さんであるのは知っていたが、この人の訳詞は日本のポピュラー音楽の中で極めて大きな役割を果たしたと思う。
大ヒット曲『ルイジアナ・ママ』の「あたりき、しゃりき、車引き」などという詩は、神田生まれの江戸っ子草野さんだから生まれた感覚だと思う。
この江戸っ子感覚が、そのまま私たち子供にも「アメリカのポピュラー・ソングはカッコいい」という評価につながったのだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする