大都映画撮影所跡だった

先週、『血の婚礼』を見た「にしすがも創造舎」の道路脇には、大都映画撮影所跡地のプレートがあった。
誰も気にしないようだが、大都映画は、戦前東京にあった小映画社で、戦時中の映画会社統合で、日活、新興キネマとともに合併されて、大映になった。
作品は、安直な時代劇が多かったようだが、監督の佐伯幸三、俳優では水島道太郎、近衛重四郎らが、この会社から出ている。
ここは、その後豊島区立朝日中学になったが、近年の生徒の減少で廃止、統合されたようだ。
当時は、東京の外れに位置していたのだろうが、今は繁華街である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なご壱 より:

    Unknown
    大都映画では、他に男優では、藤田まことの父である藤間林太郎、ハヤブサヒデト、女優では、琴糸路がいます。

  2. さすらい日乗 より:

    意外に人気はあったようです
    羅門光三郎もそうでしたね。

    低予算映画とバカにされていましたが、下町では大変に人気があり、吉本隆明もよく見たと言っていましたね。