これも台風被害か、電波時計が止まっていた

昨日は、大雨と大風の中、なんとかバスで家に戻る。
とエレベーターが8階で停まっていて、いくらボタンを押しても反応しない。
保守会社に電話するが、すぐには直らないだろうと、近所の飲食店で食事して待つ。
2時間後に戻るが、「修理のため停止していて、明日以降は動く」との張り紙がある。
仕方ないので、8階まで歩いて昇る。

7階と8階では、廊下に敷いてあるマットがはがれて巻いて階段に落ちているので、直して進む。
確かにすごい風が吹いたのだろう、かなり重いマットがはがれて飛んだのだから。
部屋に戻って会社に電話して聞くと、「電気室等に水が入ったので、乾くまで停まっている」とのこと。
仕方ない。

特に被害はなかったが、目覚まし時計が止まっている。
電池を取り出して、何度かやり直してもきちんとした時にならない。
ヨドバシで買った安物のくせに電波時計なのだ。
バカバカしいので、窓近くに置いて寝てしまう。

さっき起きると、正確な時刻に直っている。
電波時計へ送られてくる電波はデジタルであり、「デジタルは雨粒に吸収されやすいので、大雨のときは、電波が来ないときがある」と聞いたことがあるが、そうだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. uhgoand より:

    電波は電磁波
    電波は光(1秒間に30万キロメートルの速さで伝わる 地球7回り半)と同じで電磁波で伝わるもので
    したがつて昨今言われるやうないわゆるデジタルとは異なります
    光と同じやうに直進し障害物があると遮られます
    また途中で減衰もあり反射屈折回折等も起こります
    そのため気候(特に太陽)や障害物の影響を受けます
    今回電波がとどきづらい情況が台風による何らかの影響があつたのかも知れません

    ただし電波が雨に吸収され減衰するということはありません

  2. 有難うございます
    台風の雨や雲で電波が障害を受けたのですね。

    これとは逆に、普段は東京MXテレビは受信できないのですが、小雨のときは、なぜか受信できることがあります。
    これは、雨雲が反射するのでしょうか。