根上淳死去

82歳だそうだ。根上淳の初期のものは見ていないが、忘れがたいのは、増村保造監督の傑作『妻は告白する』での若尾文子の弁護士や、森一生監督の『次郎長富士』での盲目の強い剣士である。
盲目の剣士というのは、『大菩薩峠』の机龍之介からだろうが、座頭市の原型でもあるようにも思える。
オールスター映画『次郎長富士』では、勝新太郎が森の石松だが、最後殺されるところが、アンジェイ・ワイダ監督の『灰とダイヤモンド』の主人公マチェックが、ゴミ捨て場で死ぬシーンとそっくりである。
勝新も森一生もポーランド映画を見ていたのだろう。大映のレベルの高さが分かるシーンである。

根上は随分前から糖尿病と脳梗塞だったらしい。ご冥福をお祈りして、また『妻は告白する』を見よう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする