稲葉と言えば

日本ハムの稲葉が、今シーズンで引退することを発表したしたそうだ。地味な選手だったが、よくやって来たと思う。
稲葉と言えば、思うのが同期生のイチローである。

イチローと稲葉は、実は高校時代からすぐ近くの高校でライバルだった。
愛工大名電の鈴木一朗と中高高校の稲葉篤紀だが、すでに中学時代から注目されていたと言うから凄い。

そして、鈴木一朗は、オリックスに入り、仰木監督の慧眼で2年目からレギュラーになり大活躍する。
一方、稲葉は法政大学に入った後に、ヤクルトに入る。
稲葉の方が、あえて言えば遅咲きのタイプだったが、ヤクルトで長く野村監督の下にいて優勝も経験したことは大きな財産になったと思う。
いつの日本シリーズのことか忘れたが、ヤクルトがイチローのいるオリックスと対戦することになった時、
「イチローより、稲葉や福留の方が上だ」と言った。
このの野村の言葉は、間違いだったことが今は明らかである。
ヤクルトでの優勝経験は、日本ハムに行ってから、このチームの優勝に寄与することになったと思う。

さて、アメリカのイチローだが、今シーズンは出場機会が減っているようだが、まだまだやるようだ。
やはり、イチローは、驚異的な選手だと言えるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする