『女の園』

この映画は、日本映画界と大変関係が深い。

あの中で、「京大の事件があったでしょ」と高嶺秀子の台詞があるが、これは天皇行幸に対して騒動が起きた「京大事件」のことである。
その時の京大学連(京大の学生自治会)の委員長は大島渚で、卒業後松竹の助監督試験を受け、一番で入る。

また、この映画制作のため、松竹のスタッフが京都に来て、京大の映画研究会の連中に資料調査に協力してもらった。
その映画研究会の一人が不破三雄氏で、彼も松竹の助監督になる。
数本の映画を撮ったのち、プロデューサーになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする