菅官房長官に引きずり降ろされた方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今や、菅義偉官房長官は、安部政権の中心であり、誰も敵わない「影の首相」とのことである。

そして、彼に横浜市西区の市会議員を引きずり降ろされた方がいる。

元市会議長の鈴木喜一さんで、私は1979年から2年間彼の議長秘書として彼に仕えた。

鈴木先生は、西区久保町の生まれで、家はあまり裕福ではなかったようで、真面目で親孝行の喜一氏は、交通局市電の運転手になって金を貯めた。

当時、横浜の市電の運転手の給料はかなり良かったのだそうで、親には家を建ててあげ、自分はリッカー・ミシンの代理店の権利を買って、商売を始めた。と同時に、横浜の院外団で活躍したとのことで、当時横浜の市部では民政党が強かったので、民政党の院外団だっただろうと思う。現役時代も、横浜の河合ボクシングジムの後援会長もやっていたので、格闘技にも強かったのかもしれない。

そして横浜の市会議員選挙に出て当選される。

国会議員としては、戦後は衆議院議員藤山愛一郎の系列に属し、後に政治評論家になった、藤山事務所にいた飯島清氏などは、「鈴木先生、鈴木先生」と先生をかなり偉い人のように扱ってい、市会議長室によく来ていた。

鈴木先生は、人間は悪くないのだが、どうも人当たりはあまり上手ではなく、特に当時横浜市の自民党のボスだった鶴見区の横山健一氏とは「犬猿の仲」だった。

1975年4月、川口正英議長の次の議長は、自民党の年功序列から言えば、鈴木喜一先生だったのだが、横山先生は「飛鳥田市政に対して自民党は完全野党を宣言する」として議長のポストを放棄した。その結果、社会党の大久保英太郎氏が市会議長になり、1979年まで4年間務めることになってしまった。

「完全野党云々・・・」は、ただの建前で、横山氏の本音は鈴木喜一に議長をやらせたくなかったのである。ここには横山氏と大久保氏の議員野球団を通じての仲もあり、横山氏は監督、大久保氏は主将で、後に大久保氏の奥さんが交通事故で亡くなられた時、大久保氏は、後妻を横山氏に世話してもらったというほどの良好な人間関係だったのである。

まあ、男の恨みというか、好き嫌いは本当に恐ろしい。

そして4年間我慢し、1979年に鈴木先生はやっと待望の市会議長になることができ、予定通り2年勤めて、金沢区の相川藤兵衛さんにバトン・タッチした。

この時、すでに70歳は過ぎていて、本人も次男に自分の政治活動を手伝わせていて、後を継がせて、自分は引退するつもりだった。ところが、議長の任期途中の終わり頃、次男は40歳くらいだったのだが、磯子駅近くのマンションで急死してしまった。

そして、自民党横浜市連では、鈴木喜一さんの引退は織り込み済みだったので、後継として小此木彦三郎衆議院議員の秘書をやっていた菅義偉氏を市会議員の候補として決めてしまった。

この時の鈴木先生の行動は大変に興味深いもので、菅氏を西区の市会議員候補として決めたのは、実際は当時自民党横浜市連会長だった小此木先生なのだが、上下関係の強い自民党では、鈴木先生は小此木先生に逆らうことはできない。

そこで、鈴木先生がターゲットに選んだのは、西区の神奈川県議会議員の斉藤達也県議会議員だった。確かに形式的に言えば、西区の市会議員の候補を決めたのは、西区の自民党の代表だった斎藤氏だったのである。

「斎藤はけしからん、斎藤は絶対に落としてやる」として、市会ではなく、県議会議員の選挙に無所属で出たのである。実は、斎藤氏は、昭和30年代に市会議長を4年間勤め、行政視察に愛人を連れてきたという伝説の議員津村峰男氏の愛人の子であり、女性関係には潔癖だった鈴木先生は、その点でも不愉快だったのかもしれない。

すると日本の保守は、妙な判官びいきがあるもので、鈴木喜一先生は斎藤氏を破って当選されてしまった。そして、県議会議員を4年勤められた。本当は、これで止めればよかったのだが、なぜか次の県議会議員選挙にも出て、今度は当然に落ちた。

そして亡くなられたのは、間もなくのことであった。人の人生には運が結構関係あるものだと思ったものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする