渥美まり3本

           

新宿で行われている「大人の大映祭」、渥美まり主演作3本を見る。

増村保造監督の『しびれくらげ』、弓削太郎の『いそぎんちゃく』、そして井上芳夫の『太陽は見た』

1960年代にオナペットとして人気だった渥美まりの作品は結構見ていたが、『いそぎんちゃく』と『太陽は見た』は、未見だったので期待して行く。

『いそぎんちゃく』は、主演1作目で、モノクロである。下町の洗濯屋に東北から家出して来た女の渥美。主人は高原駿雄、妻は目黒幸子の地味な配役だが、木場あたりをロケしていてリアリティがある。

妻が旅行中に、高原はホステスのパンティーを盗んで穿いている渥美を見て、劣情をもようして関係し、ついには店を追われる。

関千恵子の居酒屋の女中になるが、横町のご隠居加藤嘉に目を付けられて愛人となる。加藤はセックス中に脳溢血で死んでしまう。

渥美は、加藤からマンションを貰っていたが、すぐに売却し、ボロアパートの住み、キャバレーのホステスになる。テレビ番組のスポンサーの牟田悌三との関係し、牟田は会社の金を横領していて首になるが、牟田を刺した渥美は無罪になる。

キャバレーの楽団のトランぺッターの平泉征とも関係するが、彼にも金の在りかは教えず、今度は銀座のクラブのホステスとして一人生きてゆく。

あえて言えば、女性の自立の物語である。

『太陽は見た』は、青春映画で、大映には珍しい湘南を舞台にしている。油壷のヨットハーバーと近くの豪邸。この豪邸は、実際に葉山にある有名な豪邸で、今は地域のNPOによって管理されていて、内部でもかなり撮影されているようだ。

ヨットクラブの管理人の峰岸隆之介は、前から豪邸の娘の渥美まりに憧れていたが、ある時、父親の伊藤雄之助とセックスしているのを盗み見してしまう。

伊藤は、大財閥の当主だが、ラブレーの研究家として自由に生きていたことになっていて、フランスなどのクラシックの愛好者でもある。

渥美は、伊藤の愛人の娘で、本当は伊藤の子ではなかった。だが、伊藤は渥美を田舎から呼び寄せて、高校を卒業させ、昼は女中に使い、夜はオツトメに励ませていた。

渥美は、伊藤に自分を子供として認知させ、峰岸と共謀して、本当の娘の伊井利子を殺害してしまい、その時伊藤は脳溢血で死ぬ。

渥美と峰岸に莫大な遺産が手に入り、幸福感にひたる二人。

だが、伊井が二人の性交を撮った海に捨てられたポラロイド写真が海岸に打ち上げられ、子供が見つけ、峰岸は取って破いて捨てる。

だが、それを刑事の名古屋章が見ていた。

山下毅雄の音楽が非常に良く、フランス映画のような感じだった。

角川シネマ新宿

終わった後は、湘南新宿ラインで浦和に行き、昔パシフィコ横浜と横浜コンベンションビューローで働いた高橋さん、森岡さん、守屋さんと飲む。

いろいろと皆問題をかかえているが、まあ何とか元気にやっている方だろうと思う。

浦和もさいたま市として近年大きく変わってきたが、湘南新宿ラインだと新宿・浦和間がわずか20分なのには非常に驚く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする