「 映画 」一覧

『人生劇場』

『人生劇場』

10本以上が作られているという『人生劇場』の最初の内田吐夢監督版。1936年の日活多摩川作品のサイレント版だが、全11巻の内...

『かあちゃん』

『かあちゃん』

前から気になっていたが、見て唖然としたひどい映画である。市川崑の映画では最低だろう。やはり彼は『細雪』が頂点で、その後は惰性...

『冬の嵐』

『冬の嵐』

昔、テレビの深夜放送で見て非常に面白いと思ったが、その後見る機会がなかったが、CSで放送されたので、録画して見たが、やはり非...

『ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』

横浜美術館で篠山紀信展を見たのち、横浜ブルグ13に行くと、『ラ・ラ・ランド』が初日で上映されている。 昔、J・P・サルトルの脚...

『大根と人参』

『大根と人参』

小津安二郎記念映画と称されていて、小津が野田高梧と脚本を構想していた物を、渋谷実が監督を受け継いで1965年に作った作品。 渋...

『座頭市・関所破り』

『座頭市・関所破り』

朝、なんとなく見ていると宿場の老人役でひどくしわがれたのが出てきたので、驚いて戻してタイトルを見ると、伊井友三郎だった。 伊井...

『上海の女』

『上海の女』

1952年の山口淑子主演の映画で、監督は稲垣浩。稲垣について、東宝の藤本真澄は、「4番打者だ」と言ったというが、この作品は凡打だろう...