関光徳死去

ボクサーでジムの経営者でもあった関光徳が死んだ。66歳。
彼は、昭和30年代の人気ボクサーの一人で、フライ級からスタートし、次第に体重が増え、最後はフェザー級の東洋チャンピオンになった。
サウスポーのハード・パンチャーだったが、守りも良く、なかなかのテクニシャンでもあった。
世界チャンピオンにはなれなかったが、忘れがたいボクサーの一人である。
また、引退後はテレビの解説もやっていた。
ご冥福をお祈りする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする