高橋善正活躍

高橋善正と聞き、すぐに分かる人は相当に野球が好きな方だろう。
彼は、中央大から東映に入り、2年目には完全試合をやった技巧派の右投手だった。
サイドスローにしてはかなり球も速く、同じ高橋直樹と並び東映投手陣では貴重な存在だった。直樹も右のアンダースローに近いサイドスロー投手だったが、彼の方が大きく体に恵まれていたのに対して、善正は大きくもなかったが、一流投手として活躍した。
だが、どこか派手さがなく、エースにはならない内に何故かトレードで巨人に出され、その後引退した。

そして、去年から東都大学リーグ2部に転落した母校中大の監督に就任し、わずか1年で1部昇格を果たしたとのことだ。
プロで活躍した選手がアマの指導をするのは、かつては厳しい規制があったが、今はなくなり高橋のように出来るようになった。
とても良いことである。
プロの選手が母校を教えられるなど、実に素晴らしいことではないか。
まさに社会的貢献であり、還元である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする