軍国酒場

今朝の朝日新聞に、吉田類の「酒場放浪記」の一つとして鹿児島の軍国酒場が紹介されていた。
かつては日本中にあった軍国酒場だが、今では非常に少なくなっているらしい。
確か新橋の駅前にも軍国キャバレーの看板があったと記憶しているが、もちろんとっくの昔になくなっている。

映画では、1958年に大映でそのものずばり『軍国酒場』というのが作られていて、見たいと思っているが、その機会がない。
監督が西村元男という二流なので、さして期待できないだろうが。
多分、新東宝の名作『たそがれ酒場』のようなグランド・ホテル形式の映画だと思うが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする