『唐獅子株式会社』

前から見たいと思っていたが、なかなか見られらなかったが、近所のビデオ屋で安売りしていたので買い、見たが大愚作だった。
脚本が、桂千穂と内藤誠だが最低。原作は小林信彦の小説。
横山やすしが「活躍する」がすべてカラ周り。
どこも面白くない。監督はにっかつ・ロマンポルノの曽根中生で、喜劇の『花の応援団シリーズ』をヒットさせたというだけで起用されたらしい。全くいい加減な体制。

丹波哲郎の怪演のみしか見るべきものがない。ヒロインが甲斐智恵美という二流アイドルなのも苦しい。
丹波の息子役が、やすしの息子の木村一八らしい。
それでも、正月映画でそこそこ当たったらしい。
当時の横山やすしの人気は大したものだったのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする