大田雅子あらため梶芽衣子

『時間ですよ』を見ると、梶芽衣子が藤竜也に嫁入りする最終回だった。
この二人は、日活末期のスターである。

梶は、最初大田雅子と言って青春映画(大田博之との同名コンビという冗談のようなのもあった)に出ていたが、余り人気が出ず、梶と改名してから有名になった。
随分変な名前だと思ったが、名付けたのはマキノ雅弘だったらしい。

梶は美人で演技も上手いが、いまいち人気の出ない役者である。
どこか女性としての情感に乏しい気がする。
ニュー・アクション時代のGパン姿、東映でのサソリ、『修羅雪姫』シリーズも、きわめて劇画的で人間的な情感がないと思うのは私だけだろうか。

一番良かったのは、『仁義なき戦い』の北大路欣也の愛人で、小池朝雄、成田三喜男らの争いに翻弄される不幸な女だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする