モンキー・ビジネス

いんちきなビジネスのことを言うが、アメリカでボクシング業界は、別名「モンキー・ビジネス」と言われる。

昨日の、亀田興起の世界タイトルマッチ、私は見ていないが、すべてのマスコミが言うのだから、まず負けだったのだろう。

ボクシングのホームタウン・デシジョンは昔からあり、日本での世界戦は、KO以外は、相当にあやしいものは多数あった。
ただ、今回は女性を含め一般市民も視聴者が多かったので、問題が大きくなったと言うことだろう。

TBSは、昔の白井義男と郡司信夫解説の「東洋チャンピオン・スカウト」以来、ボクシング番組には定評のあったテレビ局だが、最近の亀田一家への肩入れは、常軌を逸している。

プロ野球の横浜ベイ・スターズもさっぱりで、有力なスポーツ・コンテンツを持てないあせりかもしれないが、あの低級な亀田家を「よいしょ」するなど、民放のNHKと言われた局には相応しくない姿である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あるボクサーの報道と虚構そして疑惑

    あまり興味はなかったのだけれど、勝負はどうなっているかとチャンネルをその試合に合わせた。すると、どうだろう、アナウンサーがー1ラウンドにダウンをしたとしゃべっていた。ちょうど11ラウンド終了間際だったのだけれど、外国人の方が見た目に優勢と感じた …