『祇園の姉妹』

『浪華悲歌』は何回か見ていたが、これは見ていなかった。すごさに驚く。
話は、祇園の芸者姉妹の山田五十鈴と梅村容子が、共に金と男に傷つくというもの。
じっと見つめている監督溝口健二の目がすごい。

日活製作部長から第一映画社長になった永田雅一は、溝口の名作を残して会社を解散し、松竹の傍系会社新興キネマの所長になる。
映画の中の男女は全員が失敗するが、永田ラッパだけは、新興キネマから、戦時体制下で大映を作り自ら経営者になるなど、順調に出世街道を昇ってゆく。

冒頭、破産した大家の財産売立ての場の横移動での描写から、全編「金と色」の話。
詰まるところ、すべてのドラマは「色と金」で、これは近松門左絵衛門から成瀬巳喜男までそうなのだが、ここでは徹底している。ここまで身も蓋もない筋も珍しい。

昭和11年の作品だが、つい十数年前のバブル時代の話と言っても充分通用する。
いつもの溝口映画の進藤英太郎の他、昔のテレビでは中年役だった深見泰三がひどく若い。
姉の元旦那で、破産した男が志賀廼屋弁慶。
実に情けない軽薄な男を演じている。芸名から見て、多分曾我廼家劇だろうが、本当に浪花の遊び人の風情がある。豊田四郎の『夫婦善哉』の淡島千景の父の田村楽太もそうだが、この感じは関東の人間には演じられない。

タイトルとエンドマークには、ジャズ・バンドの曲が付いている。誰の演奏か、大いに興味があるところ。
衛星放送

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 「祇園の姉妹」「山椒大夫」

    ●祇園の姉妹 ★★★★★
    【NHKBS】没後50年 溝口健二特集
    祇園東を舞台に厳しい花柳界で生きる姉妹を描く。山田五十鈴演じる妹・おもちゃにコロリと騙される男たちの醜態が可笑しい。でも溝口が描く女たちはどれも辛い人生を背負っていて悲しい。
    ●山椒大 …

  2. ぶーすか より:

    「金と色」でしたねー
    こんにちは、TBさせて下さい。『浪華悲歌』御覧になっているんですね。羨ましいです。すごく観たい作品の一つです。

    「金と色」…これはどの世界でも共通のテーマなんでしょうが、容赦無い描き方は関西特有のノリもあったのでしょうか…。でもしみったれた感じがなく、サバサバしたラストは力強くて好きです。この作品にジャズとは…あまり記憶に残ってなかったんですが、意外な組み合わせですねー。また見直してみなくては…。