『やさぐれ刑事』

監督の渡辺裕介はドリフターズのいい加減な喜劇が多く、いつも裏切られていたので、これも見なかったが、初めて見ると傑作だった。
原作藤本義一、脚本は渡辺と国弘威夫。

冒頭の札幌での殺人事件から異常な緊張で始まり、素早い展開。
刑事原田芳雄の妻大谷直子が、ヤクザの高橋悦史に襲われ誘拐されて南下し、日本列島を縦断して鹿児島まで行き、原田が追う。
安易に人を殺しすぎだが、展開はいい。

ブルー・フィルム、コール・ガールにまでなる大谷直子が大変色っぽい。
大谷は、勝新太郎と兄妹となる増村保造監督の『ヤクザ絶唱』が大変良かったが、これも良い。
原田はいつもの演技だが、ジョークが笑わせる。

これには、新劇系の役者が多数出ていて、元俳優座の三戸部スエさんが出ているのが珍しい。三戸部さんは、1970年代の俳優座の分裂騒ぎのとき、何故か中村敦夫、原田芳雄らの「過激派」の側に付きフリーになったので、当時の『青春の殺人者』や『祭りの準備』等に出ている。
他に、赤座美代子、チンピラ時代の阿藤海もワンシーンの出演。
最後、一番の悪の大物・大滝秀治が残っていると言い、続編に続くような気配があるが、続編は作られなかったようだ。
1976年松竹作品。
この年、原田、渡辺で同傾向の作品『反逆の旅』があるが、直接のつながりはないようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする