『ぶっつけ本番』

『ぶっつけ本番』

昔から見たいと思っていた作品。ニュース映画カメラマンで、実在の人物松本久弥をモデルにした1958年の東京映画。原作小笠原基生、脚本は...

組織で生きる方法

組織で生きる方法

話題の前川喜平前文部次官だが、テレビのインタビューで、自分の生き方を「面従腹背」だと言っていた。 私が、役所に入って参考にした...

『海と毒薬』

『海と毒薬』

熊井啓は、最初の作品『帝銀事件・死刑囚』から見ているが、あまり好きになれない監督である。ただ、この映画でも監督補佐を務めてい...

NO IMAGE

長谷部慶次氏について

私は、戦後の日本映画の監督では今村昌平が一番だと思っている。大学に入ったとき、意外な人が今村昌平の映画を好きだと言って驚いたことがしばしばあ...

『白蛇伝』

『白蛇伝』

先日の『黒塚家の娘』は予期以上のできだったが、この幻想奇譚とサブタイトルされた『白蛇伝』は、作・演出、出演者も誰も知らず、アドレスに...

NO IMAGE

『黒塚家の娘』

芝居というものは、やはり見てみないとわからない。作は北村想で、シス・カンパニーの製作なので、悪くはないはずだと思っていたが、先日は演出の小川...