『秋刀魚の味』の二人の女優

小津安二郎の遺作『秋刀魚の味』には、ほんの「チョイ役」だが、気になる女優が二人出ている。
一人は、少し大きな役で、北竜二の再婚の若い妻になる環三千代であり、彼女は女優を辞めて普通のサラリーマンと結婚したそうだが、若くして亡くなられたそうだ。

もう一人は、笠智衆の会社の女性で、結婚して退職の挨拶に来る牧紀子である。
彼女は美人女優だったが、松竹ではこれという作品がなく、日活に行き小林旭主演の『女の警察』で、旭のボス加藤嘉から逃亡したホステスとして出てくる。
加藤は言う、
「あいつは河童じめなんだ、是非探してきてほしい」
この「河童じめ」というのは、どういう性技なのか、未だにわからない。ご存知の方はぜひ教えてくただきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする