字幕は日本だけです

映画にううるさい人は、字幕に限るように言いますが、実は外国映画が字幕なのは、日本のみで、多くの国では吹き替えが普通です。

アメリカやフランスでは、日本の芸術映画のように、特別な映画館で上映される作品は別として、ほとんどの外国映画は吹き替えで上映されています。

私も、日本語吹き替えには、作品の筋がよく分かる利点があると思っています。

テレビで外国映画を見ると、中身がよく分かって、

「こういう映画だったの」と思うこともありますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする