『史上最大の作戦』

1962年に公開された20世紀フォックスの戦争映画。題材は、1944年6月連合軍によって行われたフランス本土へのノルマンディー上陸作戦で、総指揮官はアイゼンハワーで一度だけ出てくるが、主人公はそれぞれの隊の中堅クラスの将兵であり、この辺は「民主的」だと言える。

日本の戦争映画は、山本五十六、乃木将軍など、偉い人の話がほとんどで、下層の将兵を主人公にしたのは、笠原和夫の作品くらいだろう。それは、笠原和夫自身が大竹海兵団にいて、辛酸をなめた体験からである。彼の本によれば、海軍はほとんど泥棒集団だったそうで、日々他の集団のものを泥棒してくるものだったそうだ。

原題は『一番長い日』で、コーネリアス・ライアンの原作は読んでいないが、膨大な調査から書かれたノン・フィクションで、多分相当にエピソードは減らしてあると推測される。

当初は、フランスの抵抗組織の連中とドイツの占領軍との話で進行する。

この辺の、アメリカだけの成功話にしないのは、欧州での公開のためと、当時の欧米は、アメリカの下にあったが、それでもソ連に対抗するため、全部の国で連合していこうという意思があったからだろう。今のトランプの愚かな「アメリカ・ファースト」とはレベルが違う。

ロンメル将軍が来て前線を視察し、問題点を指摘するが、その予言の通り連合軍は上陸作戦を膨大な物量で実施してくる。

ドイツ軍は最後まで上陸地点が分からず、イギリスに一番近いカレーだと思っている。

雨が続く中、イギリスの海岸に待機している将兵は、じりじりとし、いつでもいいからと出撃命令を待っている。その中では、リチャード・ベイマーが、カードの賭けで大勝するが、恋人から別れの手紙とネックレスをもらう挿話が光っている。

ロバート・ライアンやジョン・ウエイン、ロバート・ミッチャム、ヘンリー・ホンダも、さらにポール・アンカも出るが、最後のタイトルで、ずらっと名前が出た後、「アンド・ジョン・ウエイン」と出るように、なんといってもこうしたアクション大作は、彼がいなくては成立しないのだ。

ついに命令が下されて、まずぐライター部隊がフランスに降りる。グライダーで飛ぶのは音をさせないためで、まだ夜明け前で、まさに一番長い日が始まる。

連合軍の上陸をフランス側に知らせる暗号がベルレーヌの『秋の歌』の2節目であるのが面白い。「秋の日の、ひたぶるにうら悲し」だが、中学で国語の教師が、あるところで、「このひたぶるに の意味は何だ」と問題を出したとき、「額に手を当てたらぶるっとした」と答えた奴がいたが違うよと言ったことを思い出した。彼は、当時は自宅で学習塾をやっていたので、そこでのことかと思うが、当時教師の副業は結構あったものである。

この空挺部隊は結構失敗があるが、目標の橋の近くに行き、橋に隠されたドイツ軍の爆薬を取り外すことに成功し、フランスの連中は海岸に向かうドイツ軍側の列車を転覆させる。

ジョン・ウエインの空挺部隊、さらにロバート・ミッチャムらもLSTで次々と海岸に上陸するが、これは大変に苦戦する。

彼は、葉巻を銜えながら部隊を指揮し、次々と様々な手管を使って上陸を進める。これを見て意外に思うのは、上陸前の艦船からの艦砲射撃が大してしないことで、上陸の苦戦は、これによるもののように思える。恐らく、こうした艦砲射撃の不十分さを検討し、翌年の沖縄の上陸作戦では徹底的に砲撃したのだろうと思う。また、ここではフランスの抵抗勢力の存在もあり、彼らへの配慮もあったのだろうと思う。

ドイツは初期の上陸地点の予想の誤りから、大動員ができず、後手後手に回り、ついにはジョン・ウエインの上陸、侵攻になってしまう。

音楽はモーリス・ジャールだが、最後に流される主題歌はポール・アンカの作曲。老若男女の興味を引くように作られている。

この作品の製作はザナックだが、実際はエルモ・ウィリアムスで、この大成功で彼は、日本軍の真珠湾攻撃を描く『トラ・トラ・トラ』を企画し、黒澤明に監督させるが、撮影のトラブルから黒澤は監督を下ろされることになる。

この映画を見ても、エルモは、戦争アクション大作を作るのが目標で、黒澤明のような、そこに何かの意味を込めようとする意図はなかったので、いずれどこかで彼らは衝突したと思われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    黒澤が作ったならば、また違う面白い作品になったと思いますが、戦前は、軍人になって戦争に行く事が、出世の道であり、また、「男を上げる」場所となったと思います。黒澤が徴兵忌避から、心に思い悩んだのは、アンフェアな方法に対して、「男としてどうか」という事でしょう。世界的な映画監督として名声を博しながら、個の男としての生き方を問い続ける、というのは、武士道でもあると思います。

  2. 武士道って何ですか、せめて次の本は読んでください。黒澤も全く誤解していたのです。

    『戦場の精神史』 佐伯真一

    「武士道という幻想」と副題された本書は、一般的に言われる武士道の、フェア・プレイ等の精神が、実はほとんど近世までの日本で武士による戦闘、戦争があった時代にはなかったこと。あるいは、あってもむしろ例外的で、実態は勝つためにはなんでもする、時には「騙し撃ち」も横行していたことを明らかにしている。
    豊富な実例が挙げられていて、大変に説得力がある。
    確かに、古典や劇に出てくる英雄譚では、多くはだまし討ちや、仲間を欺いての先駆けけが多い。映画『七人の侍』で、志村喬の勘兵衛が、野武士を襲って鉄砲を奪って来た三船敏郎を、「抜け駆けは手柄にはならない」と叱るが、これは実態から見ればおかしいのである。黒澤たちも、武士道の誤解していたのである。
    手柄を認めさせるためには、殺した相手の首を切り取らねばならず、源平合戦の「宇治川の先陣争い」は、明らかに仲間を騙しての先駆けの功名である。それが戦場の実態である。
    だが、戦争がなくなり平和になった江戸時代には、兵法家や儒者からは、こうした卑怯な兵法は、次第に非難されるようになる。それは、長期的に見れば、だまし討ち等の勝てば良い式のやり方では、仲間内の信頼を失い、組織を管理・運営していくには不都合になるからである。そして、明治維新以後、急に「武士道」が発見され、鼓吹されることになる。江戸時代にはほとんど知られていなかった、山本常朝の『葉隠』が発掘され、武士道の見本とされる。明治になり、武士がいなくなり、欧化で欲深い連中が横行するようになったとき、今はない侍は美しい人間として美化されるようになる。
    まことに現実は矛盾していると言うか、皮肉と言うべきか 世の中の常識と言うものが、いかに実際の歴史と異なっているかを教えてくれる貴重な1冊である。
    NHKブックス 1120円  2004年刊

    騙し討ちは、『古事記』からあったわけで、生死を賭けた戦いで勝つためには、「手段を選ばず」であったことは、宮本武蔵の「一乗寺の決闘」でも分かると思いますが。

  3. より:

    ですが、卑怯な振る舞いを、嫌った事は確かでしょう。葉隠は読みました。武士道の救いとは、社会的な成功者である事を人生の全てだとしておらず、個として資質を持っている事によって、人の価値を計る事だと思います。つまり、金持ちにも道徳を問う、という意味では、そういった価値観を持つ事は大切な事だと思います。つまり、成功とは別に、人の規範となる事を問う、という事でしょう。

    宇治川の戦い、一の谷の戦い然り、源平合戦は武士道の基盤となったことは確かでしょうが、もっと、切実だったのは、関東の武士が所領統治で拠り所とした一所懸命ではないでしょうか。朝廷からの国司に対して、鎌倉時代の武士が地頭を置いて、荘園支配をし始めた事によって、武士は貴族に対して、新たな名分を必要とするようになりました。そうした、朝廷の法に対抗する上で、決まりもくそもないというような、卑怯な行為が自他共に容認されたとは思えません。むしろ、平時と戦時の武士道は同床異夢というものではないでしょうかね。

    ご紹介頂いた本は読ませてもらいます。