宝塚と漫画の世界

宝塚と漫画と言えば、『ベルサイユのバラ』等で原作にしたくらいで、余り関係がないように思えるが、実はきわめて深い関係がある。
と言うのも、日本の漫画の開祖手塚治虫は、宝塚の生まれ、育ちで、幼いときから宝塚歌劇を見て育ったのである。
だから、手塚治虫をはじめとする日本の漫画の主人公の現実離れした美男・美女姿は、宝塚の役者の絶対的な美しさから来たものなのである。
そして、1970年代になり、手塚漫画で育った池田理代子原作の『ベルサイユのバラ』が、宝塚に逆輸入されて大ヒット劇になったのも、故なしの子とではないのだ。
こうした文化の異なった分野から他の分野への影響、さらに逆影響と言うのは、意外にも良くあることだが、大変興味深いことである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする